雨のち晴れ〜毒親→モラハラ→離婚→現在

刑事罰を受けて開き直るレベルの毒親の顔色を見ながら育った結果、20代半ばでモラハラ夫と結婚・離婚。不幸を生む人間関係を断舎離し、30代半ばで再婚した人のものの見方の変遷。

DV

離婚成立(3)離婚後の変化

離婚成立(2)の続きです。

離婚が成立して精神科に行ったら、
一気に減薬方向に切り替わりました。

自分は生来の精神異常だと思ってたんですが、
離婚と同時に減薬方向ということは
そうではなかったんだなと思いました。

また結婚以来体重が9kg減ってBMIがなんと14
生理が止まるギリギリの体重になってたんですが
現在家を出て数ヶ月で、8kg戻しました。

そして仕事も、個人契約で、ライターのお仕事が貰えました。

---

「もっと早く離婚していればよかった」
この一言に尽きます。

自分を見失ってたことにすら気づいてなかったんだから
その原因に気付かなくても当然なのかもしれません。
すっかり判断力を失っている私に
家を出るよう諭してくれた関係者各位には感謝しかありません。

---

貯金ゼロで
若くもなくて
資格もなくて
子供もいなくて 
 
未来は真っ暗ですが

「今、ここ」が真っ暗でなくなった分、
いくらか良いかなと、思っています。

現在と未来は、きっと繋がっているから。

もしあなたが自分自身への深い恋に落ちて、
「あなた」が幸せになるためならどんなことでもするとしたら、
とても強力なパワーを駆使できるのではないでしょうか。

頑張るのをやめると、豊かさはやってくる/アラン・コーエン)

 
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ  

離婚成立(2)家を出てから

離婚成立(1)の続きです。

家を出てから、最初は、自分が対面になって元配偶者との離婚交渉をしていたのですが
元配偶者からの連絡が来るたびに精神錯乱という状態になってしまいました。

仕事先でも1日じゅう泣いていたり、
無断欠勤したり、そんなことばかりでした。
(解雇されなかったことを心から感謝しています。)

離婚したいのに話もすすめられなくて、思い切って
代理人の方に全委任し、一切の連絡は全て代理人を通すという形で決着しました。

代理人という発想が出るまでほんとうに時間を要しました。
引き受けて下さった方への感謝しかありません。

人は心から誰かに感謝しながら、同時に意地悪になったり、イライラできないものです。
大好きなことをしてお金持ちになる/本田健)
 


 
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ  

離婚成立(1)安アパートへの夜逃げ

ご報告が遅れました。
離婚が成立いたしました。
 
元配偶者が留守のタイミングを狙って、家を出ました。
今後私へ直接連絡は一切しない(代理人を通す)という条件でまとまりました。

---

まず、医師にフルタイムを止められてたけど
無理やり働いて、なけなしのお金を作りました。

それで安アパートを借りました。
そして、元配偶者が家を出たタイミングを狙って、
友達に手伝ってもらって、最低限の荷物を持って家を出ました。

家を出る直前
ゴミとして捨てられてた私のご飯茶碗が、
洗いかごに戻ってるのを見て
あ、ゆるしてくれたのかな

と私は思ったのですが

そもそも、捨てらてれない状態が当たり前であって
それを感謝するという自分の反応が病んでいるということに
客観的に気づけたのは、家を出てからだいぶ後のことでした。

突然の夜逃げ状態だったので
持ち出せなかったものたくさんあって
心残りもたくさんあります。

が、背に腹は変えられなかった
その一言に尽きます。

多くの人は(中略)今の人生を変えて、新しい変化に直面するほど、
今が悪いとは思っていないのです。

---

私は家庭が欲しかった。
しかし、それが得られなかったと配偶者のせいにしたところで
得られないものは得られない、そのことに変わりはない。

選べるはずだったのに、選べなかったという怨嗟が女性を分断します。
自分のものだったかもしれない人生を生きる他の女が許せない。
私が選び取れなかった人生は、誰かによって不当に奪われたのだと考えれば、
自分の落ち度で「あったかも知れない幸せ」を取り逃がしたと思わずに済む。 

新潮45 2013年 06月号/小島慶子氏談)


 
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ  

夫は依然として突然不機嫌になるけど、私はダメージレス

不機嫌さをもって他者をコントロールすることを悪い方向に学習している人は、決して少なくありません。どんなに年をとっても、不機嫌さで他者をコントロールしようとするのは、幼稚な人格なのです。
-出典:人生の結論 / 小池一夫 


最近毎日が平穏で幸せです。

誤解を招くといけないので一応付け加えますと
夫は、相変わらず、切れます。
突然、不機嫌にもなります。

ですが、「今のは私関係ないよねぇ?」と論理的に話し
「そういうのはやめてほしい」と言えば、
「ごめんなさい」と言われて試合終了です。

--- 

切れてる男に対しては
無条件で、イエスマンにならないと
もっと大爆発して大変なことに成る。

…そう、毒父親から叩きこまれてました。

でも、夫に対してはそんな必要はなかったんです。
適当にスルーして、冷静になったときに
責任の所在を確認するだけで済む話だったんです。

---

ちなみに今日夫がキレた理由は

「せっかくモラ子に美味しい揚げ豆腐を作ってあげようと思ったのに
 揚げ豆腐の衣が全部鍋にひっついて失敗した」

でした。

「いつもと同じ豆腐なのに」
「これ片栗粉のせいじゃないか」
「最低だ、こんなクソみたいなものができて」

と怒り心頭で
突然不機嫌を撒き散らされ、こっちも嫌な気持ちになりました。

---

私の対処としては

・切れてる間は、適度に放っておいて、
・料理は見た目はちょっと悪いが美味しいということを伝え、
・そんなことで切れられるとこっちも気分が悪くなる

と伝えました。

夫からは

・美味しいものを食べさせたかったのに、失敗して悲しかった
・ごめんなさい

という返答がありました。

私は補足として

・美味しいものを食べさせたいという気持ちはいいことなのに
 態度と行動で結局不快にさせている
・不機嫌と超美味しいご飯のセットと、
 不機嫌なしでちょっとまずいご飯のセットなら後者のほうがマシ。
・調理中=空腹時だから、特に機嫌も悪くなりやすいよねー

とも伝えました。

夫は別に怒りませんでした。
そのとおりだと言っていました。

---

夫の中の認識と、周囲の認識のズレ…
昔から指摘してたのに、夫が聞く耳持ってくれるようになったのは
一言で言えば、私への信頼が戻った
―夫の中の「モラ子は俺に対し嫌がらせをしたいんだ」という被害妄想が消えた
ということなんだと思います。

人間の脳の進化から…「苦しいときほど歩きなさい」

夫と同じ歯医者さんに通っていて、今日は定期健診に行った。

歯磨きが下手くそ過ぎて、衛生師さんからフロスの使い方を厳重指導された。
質問するとウザがられると勝手に思ってたけど、
使い方が正直全然分からないので、思い切って沢山聞いてみたら
すごく丁寧に教えてくれた。

また勝手な思い込みで視界を歪めていた。

===

歯医者の先生には、たまに夫婦の悩みを相談している。

夫の様子はどうかと言われたので、
仕事で鬱になって永らく口聞いてない、と話した。

すると、こう言われた。

  苦しい時ほど歩きなさい。

 夫もあなたも、ちゃんと身体を動かしてるか?

 人間の脳の構造は、魚類・爬虫類の動くための脳があって、
 その上に思考のための人間の脳がある、と、分かれている。

 上っ面の人間の脳だけ使うからおかしくなる。
 もともと食べるために生きてた。
 食べ物をとるために動いていた。
 魚類の脳と爬虫類の脳をちゃんと使う、身体を動かすこと。

 散歩にでも誘いなよ、弁当持ってさ。

 「あなたのために」って言われると怒るだろうから
 「つきあって」っていう形にするんだぞ。  

 そもそも社会に向いてるニンゲンと向いてないニンゲンがいる。
 自分は向いてないニンゲンだったから、手に職をつけなさいって言われて
 今たまたま こうやって ある程度成功してるけど

 自分も開業するときは自信なんて無かった。
 借金も抱えて不安だった。

 覚悟するまでが大変だ。

 
 ===

義母といい、先生といい、
こんなにも私たち夫婦のことを考えてくれる人がいる。
また涙が出た。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 共依存へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 「人間はだまし合わねば生きられませぬ」
  • 咲こうとする花の力
  • 私が生まれたとき記念植樹した梅の花