雨のち晴れ〜毒親→モラハラ→離婚→現在

刑事罰を受けて開き直るレベルの毒親の顔色を見ながら育った結果、20代半ばでモラハラ夫と結婚・離婚。不幸を生む人間関係を断舎離し、30代半ばで再婚した人のものの見方の変遷。

眼鏡を修理する夢

最近夢に昔の知人ばかり出てくる。

---

今日は知人と台湾に行って、途中まで一緒にいて、お菓子を買ったりした
エキセントリックなものばかり見つけて買う知人に対し、
無難そうなものばかり買っている自分にげんなりした。

 つまり
 私は、保守的な自分のことを嫌だと思っていて
 革新的な人へのあこがれがある。

キーワード

外国:
環境に変化が訪れるサイン。始めは馴染めなくても必ず良い結果に結びつくので流れに逆らわず逃げないことが肝心。新しい自分の側面が近々表面化する予兆。大きなプランを実行したり今まで無かったような仕事を始める時。

---

その知人と途中から別行動をとろうということになった。
どちらからともなく。
私はさみしかったけど、なんだかそうしないといけない気がして。

 つまり
 私は、なんとなく自分より頼れる人と一緒にいたいという願望があって
 でもそれじゃいけないと思っている。

キーワード

誰かと旅する:
その人物が大切な役割をあなたと一緒に果たしていく。目標を果たすのに必要な人。

---

そして知人と付かず離れずな感じでデパートに行った。

そこで店員から、眼鏡が壊れていると言われ、直してあげると言われ
その場で無料で修理してもらった。

キーワード

デパート:
欲望を満たしてくれるところ。選択すること。決断を下せないで迷うこと。

店員・店主の態度:
能力に見合った適正な収入。人が他人の要求にどのように応えるか。両親や目上に対する感情。

眼鏡:
物の見方。知性。見たり理解したりする能力とその欠如。正しい判断力。問題解決策。洞察力の必要性。

眼鏡が印象的に現れる:
立場・状況を再検討する必要性。大きな視野で物事を見るよう心がけないと、せっかくの努力が見を結ばない。

眼鏡を買う・もらう:
適切な助言が得られる。良いアイデアや問題打開策が浮かぶ。事態好転。

修理:
修復。壊れたモノの存在。何かを元に戻すこと。行動を起こす必要性。再度組み立てること。調整。
身体の点検や修理と休養の必要性。

---

いろいろ解釈の方法はあるけど
台湾旅行を企画しているのも現実で、
眼鏡が壊れているのも現実で、
修理したいと思っているのも現実なんです。

なんで、深層心理のあらわれっていうより
単なる思考の整理みたいにも感じられるのですが
青く示した「感じた感情」は深層心理だと思うので

自分という人間がどうなりたいと思ってるのかは
分かった、そんな感じです。

と同時に、それは
誰かからの押し付けではないのか、
本当の本当に自分の本心なのか、と
疑ってみる必要はあるのですが。

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ    


死にたくなった時に必ずやること

私は自分の好きなところが1つだけある。

自分の楽器演奏については、誰がなんと言おうと最高だと思っている。 
バンドをやっており、バンドの中でも私個人のファンが多いらしい。
今精神崩壊しててそれどころじゃないのでお休みしているけど。

今も、YouTubeに上がっている自分の演奏を聞いて、死にたい気持ちを落ちつけた。
日本人だけじゃなく、地球の裏側から熱心にお褒めのコメントを貰ったりしている。
かなり熱狂的なドイツ人とかアルゼンチン人とか結構面白かったりする。

ステージに立ってる私とプライベートの私を分けておきたい
というのは私の考え方で、それが、私生活をステージ上で暴露しまくるバンドリーダーの
考え方にどうしても沿わなかった、というのが活動休止の主因だけど。

自分の演奏のファンに対して、
演奏以外の自分をわかって貰いたいというのは
演奏者側のエゴだと思う。

実際私はそれで何度も幻滅してきた。

ステージに立つ者として私は
常に、お客さんが夢を完全に投影できる透明な存在でありたい。
ギャラリー
  • 「人間はだまし合わねば生きられませぬ」
  • 咲こうとする花の力
  • 私が生まれたとき記念植樹した梅の花