雨のち晴れ〜毒親→モラハラ→離婚→現在

刑事罰を受けて開き直るレベルの毒親の顔色を見ながら育った結果、20代半ばでモラハラ夫と結婚・離婚。不幸を生む人間関係を断舎離し、30代半ばで再婚した人のものの見方の変遷。

自分がない

結婚直前に絶縁された先輩の話

自立ということは、依存を排除することではなく、必要な依存を受けいれ、
自分がどれほど依存しているかを自覚し、
感謝していることではないだろうか。
こころの処方箋/河合隼雄)

台風襲撃のせいか、外に出ても驚くくらい人が居なかった。
いつもこのくらい静かならいいのに、なんて
都心に住んでいながらばかみたいな話だけど、心からそう思った。

私は一人になりたい…のか?

---

「一人になりたい」
そう聞いて思い出す事がある。

モラ夫の極端なリアクションを受けかねて、
いつも相談していた先輩のことだ。

その先輩に相談するたび
「モラ夫は一人になりたいんじゃない?」
と言われた。

---

その先輩とは
数年来の付き合いだったが
絶縁されてしまった。

私がモラ夫の極端な行動でパニックになり
その度に先輩に電話していたら
絶縁宣言を受けた、という経緯だった。

ある日、モラ夫は友人として残しておきたいが
モラ子とはもう勘弁、とモラ夫に言ってきた。

それ以降、結局モラ夫にも私にも連絡はきていない。

---

もちろんその先輩とのこれまでの私の態度の中にも
反省すべき点は多かったかもしれない。

しかしその先輩は、私が10年前に貸した3万円を返してくれていなかった。
それを返さないまま、というか一切触れられない状態で10年ほどの歳月が過ぎた。

その先輩はカウンセラーのようなことをしていた。
私はたまにお金を払い、たまに払わず、って感じで受けていたが
「貸した金はどうなるんですか?」と言えなかった。

それは、こちらがお金貸してる側なんだから
ある程度こちらの役に立って当然だという思いを
私に抱かせた。

---

その先輩は、借金をしてる相手に借金を返さず
自分から絶縁宣言する様な人だった訳だが

モラ夫はその借金のことも知らず、
私がその先輩に何の相談をしていたかも知らず

「十年来の知り合いに愛想つかされるなんてお前も相当だ」
「付き合ってやってるのは俺くらいなもんだ」
と言って私を責めた。
そして私は100%自分が悪いと思ってしまった。

それを私はそのとおりだと思って
自己評価をどんどん下げていった。

---

しかし冷静に考えてみれば
私は私のやり方で長く続いている友だちはいる。

しかも、同棲を始めて、モラ夫の癇癪をいちいち浴びる毎日を送っていなければ
そんな頻繁に先輩に相談することもなかったわけだし
しかも、その先輩は、10年前の借金を返さないまま絶縁宣言をするという
非常識なことをやってのけているのであった。

私はそのことを多分モラ夫には話さなかったと思う。
何故か?
バツが悪いからコレ以上その話はしないでほしいとでも思ったのかな。
はっきりとは覚えていない。

でも、「なんで今まで言わなかったんだ」とか
「言い訳するな」とか
そういう返しが予想出来て、
このタイミングで言うことを避けたんだと思う。

ああ、結局アサーティブでない私が問題の発生源だったか。

---

私は自分が悪くないなんて言いたいわけじゃない。
ただ、今まで100%私が悪いと思っていたけど
別に100%私が悪いわけじゃないと思えるようになってきた。

そして、あたらしい「自分の悪かった点」
「絶縁はわかりました。でも返すものは返して下さい」
そうアサーティブに言えなかった。
それは私の悪かった点
だ。

---

終わったことは仕方ないので、
誰かや何かのせいにしたメールを打っていると、はっとわれにかえって
「私がこうしたい」という形の表現に変える日々だ。

気付き→直す

ただそれだけだ。

いままでやってこなかった自己表現。
急には出来ないから練習、練習。

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ    

 

人のアドバイスに右往左往しなくなった自分がそこにいた

現在短期派遣の仕事で、とてものびのびと働けている。

今日は、いちばんお世話になっている担当の方が
一緒に帰ってくれた。

話の流れで聞かれたので、結婚2年目だって言ったら
「じゃあ今ちょうど、互いへの不満だらけで大変でしょう」と言われました。

私、家の事何も話してないのに、
分かるのかな?

それとも、
既婚なのに
夫の話をあまりにもしないのと
結婚2年目ということを伝えたから
分かったのかな?

先輩は結婚10年らしい。
子供なし、夫は自由人、みたいな感じだ。

「最近スピード離婚とかいうけど
 もうちょっと頑張ればいいのにって本当に思う。
 その先越えたらよくなるのに」

先輩はそう言った。

---

本当にそうなのかな?
そうなんだろうかな?

そうなった人はそうなんだろうし
そうならなかった人はそうならないんだろうし

少なくとも先輩はそうだったんだろう。

先輩は自分の意見を言ってるだけで
私もそうだと保証しているわけではないし
もし私がスピード離婚したところで
先輩は私に失望したりしない。
ちゃんとそう思えた。

---

普通の親に育てられた人は
あたり前にこういう発想ができてるのかもしれないけど
私は異常な親に育てられたので、
こうやっていちいち考えなおさないといけない。
大変大変。

---

以前ほど、人のアドバイスに右往左往しなくなった
自分がいることに気づいた。


まるで、別の人間になったかのような、
というよりは、他人ごとのように外から見ているかのような
なんだか不思議な気分だ。 

確かなのは、
「人間は変われる」ということらしい。 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
似たようなテーマのブログが上記リンク先にあります! 

悪気がなくたって最悪の結果に至る場合なんていくらでもある

「城の崎にて」で小石を投げたらイモリに当たって死んだ件に始まり
交通事故もそう。
 
悪気がなくたって最悪の結果に至る場合なんて、いくらでもある。 
起きてしまったらそれが現実だ。

何故起きてしまったかを検証し
繰り返さないための策を考えるしか、ない。 

初めて自分で出す結論。

大きな空を見て

大きな空を見て想う。
大きな雲を見て想う。

綺麗な花の蕾を見て想う。
ゴキブリを殺すためのホウ酸団子を見て想う。
冷蔵庫の食材を見て想う。

私が生きていようと、明日死のうと
変わるのは私だけ
あとは何も変わらない。

私が死んだことについて
「自分は悪くない」というお墨付きがほしい人に
それを残しさえすれば

私がいなくなったところで
この地球上に何の影響もない。

みんな「自分は悪くない」って思いたいだけ。
そこだけなんとかすれば

私は

無に帰れる

イケメンで知られる山地悠紀夫 死刑囚は
(私と同い年。悲惨な生い立ちの中母を殺し少年院へ、出所後強姦殺人で25歳で死刑執行された人) 

「僕は生まれてくるべきではなかった」と言って死んだそうです。

私には、君の気持ちが分かるような気がするんだ。

 

毒親の洗脳を抜けて、自分がどれだけ自分の意思を把握しているかチェックする方法

自分がどれだけ自分の意思を把握しているかチェックに使っているものがあります。
オーラソーマ
です。 商品買わなければ無料でできます。

ピンとくる色の瓶を4本選んで説明を読んで、しっくりくるときは
大体自分を分かってる感じです。

数年前の私、自分で自分がわからない迷路に入ってしまってた私は、 なんと、この
「自分がピンとくる色の瓶を選ぶ」ということすらできなくなっていました。
それでも当時は選んでるつもりでした。
今は、自分の意志ではなく他人の言いなりだったと分かります。

---

私は大学時代にパーソナルカラー診断を受けました。そこで
「あなたはブルーベース(ブルベ)の夏。似合う色は紫やピンクや白、水色。オレンジや黄色は似合わない。」
と言われたのです。

そのため、オーラソーマでもピンクや紫、白ばかり選んでいました。
似合わないと言われたオレンジ・黄色は徹底的に避けていました。

パーソナルカラー診断を否定するわけではありません。
持って生まれた肌の色に似合う色似合わない色はあると思います。

しかしオーラソーマは違います。身にまとうものではないのです。
にもかかわらず私は、診断士から「あなたに似合う色」と言われた色を拡大解釈して
それでも自分の心のままに選んでいると思っていたのです。

---

私にアドバイスをした診断診断士さんは、そんなふうに私がとらわれることは望んでいなかったでしょう。
なのに、私は勝手にとらわれてしまっていました。

「はいはい、ちゅて、黙って聞いとりゃいいんや」
(標準語訳:はいと言って黙って聞いていればいいのだ。)

毒父の言葉
の言葉が呪いとなって私の人生に暗い影を落とし
私は自分から不幸な道を突き進んでいたのだと思いますです。


 
ギャラリー
  • 「人間はだまし合わねば生きられませぬ」
  • 咲こうとする花の力
  • 私が生まれたとき記念植樹した梅の花