雨のち晴れ〜毒親→モラハラ→離婚→現在

刑事罰を受けて開き直るレベルの毒親の顔色を見ながら育った結果、20代半ばでモラハラ夫と結婚・離婚。不幸を生む人間関係を断舎離し、30代半ばで再婚した人のものの見方の変遷。

セミナー

2件セミナーに行ってきました(2) 「世間の枠」と私らしさ

~「世間の枠」と私らしさ~メモ

注)オレンジ色は私の独り言です。 

■完璧主義、あら探しの達人である相手に対し
 相手が完璧を求めてきても、頑張った自分を認められるように
  →むずかしいなー それどうやるの?

■同情と共感はちがう

 【 同情】
 ・伝え手の見下しが入る。目的は、伝え手が自分が不幸でないことを確認するところにあったりする
  ・相手を「不幸」とすることで
   ・「不幸」を自分から切り離す
   ・ 自分が不幸でないと安心できる
   ・相手に不幸を恥じる二次被害が生まれる 
 →うんうん、うちの母親がそうやって独身や子なしを見下してたわー

 【共感】
 ・被害にあった=不幸 という発想にならない 

■同情された時の対応策

 ・「どうしてかわいそうだと思うの?」と聞き返す
 ・その場を立ち去る
 ・心のなかで「この人【縁がちゃー(エンガチョ的な)】なんだなぁと思う
 ・この人は他人を見下すことによって安定を保ってるんだなと思う
 ・「私はランキングしない」と思う

■マザーテレサ
 博愛でありながら商才もあった人
 →寄付で得た車を宝くじの景品にしてさらにお金を集めた。

マザーテレサにはびっくりでした。
なんでだろう、私、どこかにお金に罪悪感あるのかも…。

さあ、明日もがんばるぞ…。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 共依存へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村  

2件セミナーに行ってきました(1)DV・トラウマを理解する

「 DV・トラウマを理解する 」および「  「世間の枠」と私らしさ  」という講座に行ってきました。
後者のほうがだいぶよかったです。
(前者については、トラウマというものに対して
 この本(記憶はウソをつく)を読んで以来、私自身懐疑的な立場なので)

注)オレンジ色は私の独り言です。

 ~DV・トラウマを理解する~ メモ

■自分の生活のバランスを考える
 ・自分
 ・人間関係(夫以外の)
 ・仕事
 この三国鼎立がベター。

■トラウマの定義
 「手当が必要な」過去の心の傷
 →反論できなかったことで自尊心が低下した、っていうのが多いわー
   ちゃんと反論しよ。

■自分が体験してなくても、他人から植え付けられるトラウマもある
 →嫁姑関係とかまさにそうやったわー 

■あなたが持ってた力は何?トラウマによってどんな影響受けた?
 →これ改めて考えるのがすごくいい機会になったよ!

 ・ユーモア
 →消えちゃった

 ・知性
 →自信なくなった (夫から毎日無能と言われ続けた)  

 ・直感・スピリチュアル
 →信じないようになってた  (夫に科学的根拠を説明しろと否定され続けた)   

 ・音楽
 →価値を見いだせなくなった (夫の得意分野だったせいか、夫のコントロールを受けてしまった) 

 ・美術
 →変わらない(夫にとって苦手なもので、夫にもメリットがあったから邪魔されなかっただけ?)

 ・愛情深さ
 →信じられなくなった

 ・自信家
 →木っ端微塵

 ・文章力
 →表現の場所を失った (夫はお金にならないなら時間の無駄だといった) 

 ・力を抜く 
 →批判されるだけ

 ・フレンドリーさ
 →表現の場所を失った (夫は友達付き合いを時間の無駄だといった)

■トラウマを経験したことにより芽生えた新しい力はありましたか
 →これもすごい勉強になった。ぜひ考えてみて!

 ・感謝する力
  →そういえば、高飛車でつっけんどんな性格でした

 ・人の痛みを想像する力
  →弱い奴が悪いと本気で思ってました

 ・自己主張の大切さ
  →お察し申し上げてくれない人を憎みながら、自己主張の強い人も憎んでました

 ・忍耐力
  →沸点凄く低かったと思います。

以上です。結構役に立ったよー。
特に、「 あなたが持ってた力は何?トラウマによってどんな影響受けた? 」と
「 トラウマを経験したことにより芽生えた新しい力はありましたか 」は、一度考える価値が
あると思います!

今日も本当に辛いこと嫌なことがあったけど、少しだけ前向きになれました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 共依存へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村 

カウンセリングセミナー内容まとめ

結論【すべての行動は愛ゆえに】

【1】攻撃=助けを求める行動である。
 
 ・愛して欲しい
 ・分かって欲しい
 ・助けて欲しい
 のうちどれか一つをあらわしている。

 ※内心(助けて)と行動(攻撃)が不一致なのは何故?
  →赤ちゃん時代の名残

【2】多かれ少なかれ、人種を超えて、どんな人間も等しく親から学ぶこと

 「我慢すると褒められる」

【3】常に「嫌」の理由を深掘りする
 
 ×離婚をしたい
 ○結婚しているときに味わっている感情を味わいたくない

 →結婚をやめることで今味わっている感情は消える。(正しい)
 →なぜこう感じるのか?を突き止め、物の見方を変えて
  味わう感情を変えることも出来る(これも正しい)

 他の例
 ×この人が嫌い
 ○この人といるときに味わっている感情を味わいたくない

【4】ネガティブな経験のメリット

 ・誰かを理解するために役立つ 
  →親に重ねて、親の孤独を理解する場合が多い
 ・優しさ 

【5】自分が一番恐れていることは何かを知る

 過去欲しかったけど手に入らなかったものに対して
 →悪態をつくことで平静を保つ
 →手に入れることに対して罪悪感を持ってしまう

 →→過去にかえってなんとしても思い出す

 →→特に男性は恐れからコントロールに走る

【6】親から背負わされた恐れを克服するモチベーション

 親はコンプレックスが強すぎて出来なかった
 でも、私は違う、私は出来る。

【7】拒絶の裏にある愛情

 相手を困らせたくないと思って、相手を拒絶したり何かを我慢したりする。
 ∵【2】より、我慢は美徳
   【5】より、求めることに罪悪感

【8】カウンセリングとは

 だめな自分はもっと頑張らなければならない、と思ってる人に
 自分が愛に溢れてることを思い知らせること

【9】今の自分とは

 考え方 + これまでの環境

【10】人生

 本当に心が喜ぶことをする。(人によって違う)
 感情と一本につながること。  
ギャラリー
  • 「人間はだまし合わねば生きられませぬ」
  • 咲こうとする花の力
  • 私が生まれたとき記念植樹した梅の花