雨のち晴れ〜毒親→モラハラ→離婚→現在

刑事罰を受けて開き直るレベルの毒親の顔色を見ながら育った結果、20代半ばでモラハラ夫と結婚・離婚。不幸を生む人間関係を断舎離し、30代半ばで再婚した人のものの見方の変遷。

モラルハラスメント

面識のない他者の死を本気で祈る人間=元配偶者

そういえば元配偶者は、(私に死ねというのは茶飯事として)
交通事故による渋滞や、人身事故による電車遅延があるたびに
その原因となった人間の確実な死を、
わざわざ口に出して怒鳴りながら祈っていたのを思い出す。
「迷惑だよ〜」とか、そういうレベルでなく
「あーむかつく死ね、死んでますように」的な。

今だったら、不適切な発言だと思うが、
私は当時、その発言をされることで心の底からホッとしていた。
というか、毎日、自分が死ねって言われすぎてて、
他の人に矛先が向かったときが、唯一ほっと出来る瞬間だったのだった。

まるで、いじめのターゲットにされないために必死ないじめっ子。
毒親家庭で育ったし、いじめにもあったことはあったけど、
そこまで必死になったことも、出口が見えなかったことも、無かった。

---

結婚生活が、出生以降人生最悪の日々であったことは振り返って疑い様もないのに
私はそれにも関わらず、当時は「今が人生で一番幸せ」って過剰に言ってた気がする。
声に出して自分と元配偶者にそれを聞かせないと、生きられなかった気がする。

恐ろしいことだと思う。

 
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ  

ピノコが私のインナーチャイルドになった理由

カウンセラーの卵さん2に聞いたら、
ピノコ形式でインナーチャイルドと対話をするという手法は普通らしい。

言い換えると、
自分が自分の感情を表すことを止めてしまった年齢の頃の自分を頭に描いて
対話して、癒していく、というようなものらしい。

なんだか私は
勉強するわけでもなく勝手にそうしてしまっていたんだけど、それは
たまたまピノコの外見くらいの年齢のときすでに感情を表すことを
止めていたことに気づいていた
タイミングで
たまたまブラックジャックを読んだから、
このようになったんだと思う。

以前ブラックジャックを読んだときは
こんなこと、思いもつかなかったので…。




---

ピノコが出てくるのは2巻かな。
とりあえず、私のインナーチャイルド
ピノコちゃんとの対話は続けていこうと思う。

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ   

人生決めるその瞬間、自分に嘘をついてはいけない

タイトルは、先程見ていた名探偵コナンのオープニングで
コナンが言っていたセリフです。

重すぎる  

---

とにかく私は今、苦しみから逃れたい。

苦しみをもたらすのは
私の思考パターン?
夫?

どっち?

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ    

帰ってきたけど1

夫の音楽がうるさくて不快だ。
こんな夜中に。
夫にとっては夜中じゃないんだろうけども。

うるさい。

やっぱ一人のほうが楽だ

夜中の定義が違うから話にもならないのがきっつい

私のツキ(7)私が今後の幸せのためにすること

まず、夫に対し悪いと思ったことはあやまろう。

そして、自分の性根を本質的に夫と同化出来ないことは伝えよう 

私は人を頭ごなしに非難するのをよしとしないことで果実を得てきた人間で
多分これまでもこれからも夫とは違うやり方で人生を切り開いていく人間だと思う。

そして、精神病だった時期のことは、、、これどうしたらいいのかな
夫にとってその頃の私が完全にトラウマ化してるなら離れてあげないといけないと思うんだけども
この扱いは、お医者さんかカンセラーに相談することだな。 
だから、お医者さんに話してからじゃないと決められないな。

これから寝るためだけに家に帰ろう。
寝ること以外なんにも考えないで帰るの。
多分私の穏やかな波動は伝わると思う。

あーそれでも何かつっかかって言われたらどうしようかな
もう睡眠薬のんだから話すの無理だから明日にしてって言おう

事実を言えばいいんだ
逃げる気はないもの。
胸を張って堂々としていたらいいんだ。

というか、
偶然にも妹の家が近くて本当に良かった。
歩いて20分くらいで着いちゃうんだもんなー。

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ       
ギャラリー
  • 「人間はだまし合わねば生きられませぬ」
  • 咲こうとする花の力
  • 私が生まれたとき記念植樹した梅の花