ご報告が遅れました。
離婚が成立いたしました。
 
元配偶者が留守のタイミングを狙って、家を出ました。
今後私へ直接連絡は一切しない(代理人を通す)という条件でまとまりました。

---

まず、医師にフルタイムを止められてたけど
無理やり働いて、なけなしのお金を作りました。

それで安アパートを借りました。
そして、元配偶者が家を出たタイミングを狙って、
友達に手伝ってもらって、最低限の荷物を持って家を出ました。

家を出る直前
ゴミとして捨てられてた私のご飯茶碗が、
洗いかごに戻ってるのを見て
あ、ゆるしてくれたのかな

と私は思ったのですが

そもそも、捨てらてれない状態が当たり前であって
それを感謝するという自分の反応が病んでいるということに
客観的に気づけたのは、家を出てからだいぶ後のことでした。

突然の夜逃げ状態だったので
持ち出せなかったものたくさんあって
心残りもたくさんあります。

が、背に腹は変えられなかった
その一言に尽きます。

多くの人は(中略)今の人生を変えて、新しい変化に直面するほど、
今が悪いとは思っていないのです。

---

私は家庭が欲しかった。
しかし、それが得られなかったと配偶者のせいにしたところで
得られないものは得られない、そのことに変わりはない。

選べるはずだったのに、選べなかったという怨嗟が女性を分断します。
自分のものだったかもしれない人生を生きる他の女が許せない。
私が選び取れなかった人生は、誰かによって不当に奪われたのだと考えれば、
自分の落ち度で「あったかも知れない幸せ」を取り逃がしたと思わずに済む。 

新潮45 2013年 06月号/小島慶子氏談)


 
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ