多幸感あふれる曲です。

<歌詞 一部引用>

この空は君を信じてる
いつもまっすぐすぎる君 見つめてる
その道は君を待っている
光輝け 諦めずに 天まで登れ

さあ出かけよう 新しい靴を履いて
一度や二度くらい 転んでも気にしない
さあ歌おう 夢が詰まってる唄を
笑顔になれる元気な唄を

平凡かもしれないEveryday
そこに本当の幸せがある

この星は君を愛してる
だからせいいっぱい愛で答えたい
その道は君が築く道
光輝け!遠慮なしだ
天まで登れ!

さあ楽しもう 新しい仲間呼んで
どちらからともなく 心を開けばGood!
さあ踊ろう はじけるリズムを感じて
世代を越えて国境越えて

勝つ日もある負ける日もある
そこに本当の感動がある

---

ここに出ている彼女たちの年齢の頃から
自分の幸せのために、遠慮なしに生きていられたら
もう30歳になる私の後ろには
光り輝く道が出来ていたのでしょうか…。

それはそもそも、毒親家庭の長子として生まれた時点で
ほぼ100%無理だったから、今から始めるしかありません。
正直腹立たしいけども、認めるしかありません。

たらればたられば言っても仕方なくって。

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ