雨のち晴れ〜毒親→モラハラ→離婚→現在

刑事罰を受けて開き直るレベルの毒親の顔色を見ながら育った結果、20代半ばでモラハラ夫と結婚・離婚。不幸を生む人間関係を断舎離し、30代半ばで再婚した人のものの見方の変遷。

2013年09月

浮気する男のほうがよっぽどよい

一人の女に執着して
100%完ぺきを求め苦しめて
人格を破壊するまで罵倒し倒す男

よりも

外で浮気してくれる男のほうがいいような気がしてします 。

浮気して欲しいと思う辺り、私ももう愛情ないのかな。

いっそ浮気してくれたら話は早いのにと思っています。

私の人格は一度親に破壊され
夫に破壊され
もう原型をとどめていない

ここからどのように復興していくか。
戦後日本のような挑戦が始まる。

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ    

夫婦は他人で、それをつなぎとめる唯一のものは愛情である

そのつなぎとめるものがなくなったなら別れるしかない。

配偶者は
私への愛情がなくなったのか
隠してるのか 
不明。

医師には、今別れてもあなたは幸せになんかなれないと言われた。 
あなたに去られたらきっと夫はショックだと思うとも言われた。

「別れなくても幸せになんかなれないのでは」
「私は夫のために生きてるわけじゃない」

そういう思いを飲み込んだ。

もう何もかも嫌だ。家庭のことを考える限り。
外では楽しいことしか起こらないのに。


  

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ   

発熱

熱を出してブログの更新が滞っていました。
沢山、いろんなことがあったのですが…。

あからさまに病人なので、
職場でも「無理しなくていい」と言われまくったのですが
有給を貰えるあなたたちとは違ってその分給料もない私は
そんな悠長なこと入っていられない!と言わんばかりに勤め上げました。

能率は落ちたと思うけどミスのないように。

しかし、窓のない(セキュリティ上の都合)
狭くて人口密度の高い部屋で
風邪ひきがどんどん増えていくというのはマジホラーでした。

延長の要望はもらってたんですが9月末でやめることにしました。
健康にはかえられない。
次のあてはないけどこれから探す…。

とにかくお金はないし外にも出られない、そんな状態なので本ばかり読んでいます。
寝ながら読んでたユダヤ人大富豪の教えという本に
「絶対におろさない口座をひとつ作る」、とあったので
住信SBIネット銀行
で口座を作ってみました。
ネット銀行ならお金おろしにくそうな気がしたもので…。

ここに、つもり貯金していこうと思います。

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ   



 

またまたお姉さまとの出会いが

私の場合自然体で生きていると必要な人に出会う
というのは前回も書いたとおりだけど

最近、この本を読んで
田舎暮らしをして支出を抑えて暮らす生き方もあるなぁ
日本じゃなくていいよなぁ、ブラジルだっていいよなぁ、なんて考えていたら


なんと

10年間沖縄のとある離島で暮らしていたという女性に出会いました。
派遣先で。

その方は、前述の離婚経験者の女性の引き継ぎに来られた方でした。
もうタイミング良すぎてびっくりでした。

---

真っ黒に日焼けしたお姉さまはとても自然体で
いろんなことを教えてくれました。

大学を卒業して、鬱っぽくなって就職活動を一切しなかったこと
職を転々として沖縄へ行き、沖縄本土ではなく離島での生活を選んで
そこに10年住んだこと

とにかくそこで暮らしたいんだと言って
最初面倒見のいいおばさんに職を手配してもらったこと

唯一三年もったのが老人介護施設の調理の仕事
せっかく作った料理をミキサーにかける虚しさで辞めたこと

行ってみたい国があったり、高齢になった親を心配して、
お金を貯めに実家のある本州に戻ってきたこと

まだ島に未練があって、そこに荷物を残してあること

---

「履歴書はめちゃくちゃだけどやりたいことはやりつくしたと思ってる」
「こんな大手の派遣会社の人だから私とは対極でしょ、履歴書見て唖然としてたけど」

そう言いつつも、今後将来何の迷いもないと言い切るわけでは決して無いあたり
ウソがないなぁと思って見ていた。
「弟も自分も結婚してないし、親も歳だし、できれば施設に入れたくないし…と」

こういう生き方もあるんだな…

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ    

夏が終わっていた

ついこないだまで汗だくだったのに
気がつけば長袖でちょうどよくなっていた。

---

そういえば、涼しくなったのっていつからだっただろう。

先々週なんかは、会社が終わったら
確かにきれいな夕焼けが見えたのに。

仕事終わったらもう真っ暗。

そういえば、先週の月曜日は、蝉が私にタックルしてきてたのに
もう蝉の鳴き声なんて全然聞こえない。

彼岸花が咲いているのも見た。

---

半年前。
夫から無視されているまっ最中。

春分の日、地に足をつけて生きていけますようにって
風呂場で一人瞑想したのを覚えている。

秋分の日に別居してるなんて
思いもしなかったわ。

私は、半年で変われたかな?

全然変わってない、ダメダメな気もするけど
沢山の問題点に気づけたのは事実だ。

---

そういえば夫と初めて会ったのは5年前の8月31日だった。
もう恋愛の賞味期限なんてとっくに切れている。

夫の家族といった今年の初詣で引いた大吉のおみくじには
9月からいいことあるって書いてあった。
何かを始めるなら9月って書いてあった。

そんな9月が、何事も無く終わろうとしている。
私の内面は変わった。新しくなった。
けど社会的にも家庭的にもどん底のままだ。

---

実りの秋というけれど
今年の秋はどうなることやら。

寒風が通り抜けていく。
思わず

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ   
ギャラリー
  • 「人間はだまし合わねば生きられませぬ」
  • 咲こうとする花の力
  • 私が生まれたとき記念植樹した梅の花