雨のち晴れ〜毒親→モラハラ→離婚→現在

刑事罰を受けて開き直るレベルの毒親の顔色を見ながら育った結果、20代半ばでモラハラ夫と結婚・離婚。不幸を生む人間関係を断舎離し、30代半ばで再婚した人のものの見方の変遷。

2013年03月

「今の」をつけるとなんでも耐えられる

今月を振り返ってみて、生まれてこの方
精神的に最も成長した1ヶ月であったと確信します。
同時に、最も苦しかった1ヶ月でもありるかもしれませんが。

---

会う人会う人から、変わったと言われます。
一時期ほんとうに心配な状況だったと。憔悴疲弊しきって見るからに病人だったと。 

ぼんやりと振り返って、当時の私だったら死ねって言われても当然かなー
って漠然と思ったりしました。

私の中では、それはもう過去の私なんだけど
でも私は私。
同じ人間のしたこととして夫の記憶に刻まれる。

正直私も、夫から死ねと言われ続けた日々を
忘れようとか、考え方や見方を変えようとは
努力してるけど

今はまだ難しい。

---

こうなる前に
ここまで仲がこじれる前に
もっとうまいやりかたはなかったのか

同じ家で別々に夕食を取り、顔を合わせない生活をしながら
そんなことばかり思う。

今からでもベストを尽くせというのが正論だと
わかっているけど

その勇気がイマイチでないのは

結果を恐れて、自分を守っているからだと思う。 

イライラしたり不安になると、下記を見る。

宝塚式「美人の25箇条」
1.笑顔がある
2.お礼を言える
3.おいしいと言える
4.生き生きとしている
5.自信がある
6.愚痴を言わない
7.希望や信念がある
8.他人のせいにしない
9.自分の欠点を知っている
10.ハキハキと話いじけない
11.少しのことで傷ついたりしない
12.嫉妬しない
13.目が輝いている
14.口角が上がっている
15.責任転嫁をしない
16.他人をうらやまない
17.ポジティブに物事を考える
18.常に問題意識を持っている
19.他人につくす
20.他人を信じる
21.人生においても仕事においても意欲がある
22.謙虚である
23.人のアドバイスや忠告を素直に聞く
24.自分が正しいと思いすぎない
25.存在自体が周囲を明るくする

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 共依存へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村     

本日のオーラソーマより

本日のオーラソーマの結果です。

茶色…そのとおりと思ったこと
緑色…まだそこまで悟れないと思ったこと

人生の目的と使命・潜在的可能性:
献身的な愛

あなたの魂が本当に成し遂げたいこと、使命は、何か?
誰もが、なぜ生まれてきたのか?と自分自身に問う時があるはずです。
外側にばかり向いていた意識が、自分に向けられる瞬間。

でも、それは、考えて答えを出すことではないと気づくはずです。

あなたの魂は、「身体」という神聖な寺院とともに、人生を体験する機会を与えられています。
身体には、味わう、香りを知る、触れる、見る、聞くという素晴らしい感覚が備わっています。
そして、その素晴らしい感覚を通して、「愛」を感じることが、可能なのだということを伝えています。

足をしっかりと大地につけ、大地からふつふつとやってくるエネルギーを身体全体にめぐらせ、
そして身体の寺院に必要のないものを同時に、手放すこと、
そのことは、生きるために、健康であるために、とても大切なこと。

自分本来のエネルギーが、何か?そのことに気づくために、
グラウンディング、大地とつながることが大切なのです。

素晴らしいアイデアや考えを表現すること、行動することで、はじめて生きたものになっていくのです。
あなたは、プランやアイデアをグランディングして、実現していく才能があり、
それを果たしていくことが、使命でもあるのです。


 

チャレンジの克服と才能の開花:
私たちの一人一人が近づけるかもしれないクリエイティブな吸収力。母の愛。

愛が私たちを駆り立てるとき、人生を飛ぶような、
「空中に浮かぶ」ような感覚で物事が進むことがしばしばあります。

傾聴されなかったり表現されないハートは重く、羽が縛られたようになります

ツァフキエルは、私たちの人生の選択においてどれだけハートに留意するかを決定する、
愛と真実への問いかけを表面にもたらします。
私たちは自分のすることを愛しているでしょうか、それとも自分の愛すること以外のことをしているでしょうか。
あるいは
自分自身を愛していないために自分のすることに愛をもたらせないでいるでしょうか。

自分のすることをどのようにするかということを通してハートが愛の表現に戻ることを
私たちが
自分自身に許すこと、
ツァフキエルは神聖な母として、そうしようとする私たちを慈愛と保護を持ってサポートするために現れました。  


現在の状況:光の力が生命の力になる

今のあなたは、自分を知るための、学ぶための鏡として自分のまわりの人や環境、出来事を捉始めています。
相手が、環境が、状況がと
今まで外側のせいにばかりしてきたことを、
反対に全てが
自分だとしたらという視点から観ることに気づいています。
自分の中にあるものが、他人に映し出され、目に見える形で自分に見せてくれているのだと。

美しい部分、そうでない部分全てに気づいています。
そして、自分が今までの経験でどのような価値観があったのか、
どのような思い込みがあったのかにも気づかせてくれるはずです。

そして、
物事をよりクリアに、あるがままに見ることが可能になり、
自分の本質、エッセンスを強く感じられるようになるでしょう。
あなたが、本当にしたかったことが、今、目の前にやってきていることに気づくでしょう。


これからの可能性:困難な感情の状況に明晰さをもたらす

あなたは、とても知的でたくさんの知識を持ち合わせた人です。
そしてあなたの経験から得た情報や知識を教えることは、
あなたのハートから人々に伝えられ、人々を勇気づける助けになるでしょう。

たとえば、それは、ひとりひとりには、自ら選択することのできる自由があるということです。
選択、決断しそのことに自らが、責任を持つということ。
そして
どの選択、決断にも決して間違いはないということ。
そこには、そのとき必要である学びがあることをあなたは、知っている人です。

わたしたちひとりひとりに、それぞれの道、学びがあるように、
互いが互いの道を歩んでいくことをあなたは尊重できる人でもあります。

あなたには、たくさんのことを受け入れるスペースがあり、
同時にそのスペースからたくさんのことを与えているということに気づいていますか?

呼吸のように、入ってくる息そして出て行く息。この循環が自然に行われているのです。

毒親の洗脳を抜けて、自分がどれだけ自分の意思を把握しているかチェックする方法

自分がどれだけ自分の意思を把握しているかチェックに使っているものがあります。
オーラソーマ
です。 商品買わなければ無料でできます。

ピンとくる色の瓶を4本選んで説明を読んで、しっくりくるときは
大体自分を分かってる感じです。

数年前の私、自分で自分がわからない迷路に入ってしまってた私は、 なんと、この
「自分がピンとくる色の瓶を選ぶ」ということすらできなくなっていました。
それでも当時は選んでるつもりでした。
今は、自分の意志ではなく他人の言いなりだったと分かります。

---

私は大学時代にパーソナルカラー診断を受けました。そこで
「あなたはブルーベース(ブルベ)の夏。似合う色は紫やピンクや白、水色。オレンジや黄色は似合わない。」
と言われたのです。

そのため、オーラソーマでもピンクや紫、白ばかり選んでいました。
似合わないと言われたオレンジ・黄色は徹底的に避けていました。

パーソナルカラー診断を否定するわけではありません。
持って生まれた肌の色に似合う色似合わない色はあると思います。

しかしオーラソーマは違います。身にまとうものではないのです。
にもかかわらず私は、診断士から「あなたに似合う色」と言われた色を拡大解釈して
それでも自分の心のままに選んでいると思っていたのです。

---

私にアドバイスをした診断診断士さんは、そんなふうに私がとらわれることは望んでいなかったでしょう。
なのに、私は勝手にとらわれてしまっていました。

「はいはい、ちゅて、黙って聞いとりゃいいんや」
(標準語訳:はいと言って黙って聞いていればいいのだ。)

毒父の言葉
の言葉が呪いとなって私の人生に暗い影を落とし
私は自分から不幸な道を突き進んでいたのだと思いますです。


 

咲こうとする花の力

水曜プールに行く途中、道に落ちていた桜の花を拾った。

風で落ちたのだろうか、
2つの咲いた花と、3つのつぼみのついた固まりが
ごそっと落ちていて、まだ誰にも踏まれていないようだった。

---

なんだか勿体無くて、拾い上げてよく見てみた。
桜の咲いた花が薄ピンクなのはよく知っているつもりだったけど、
つぼみは存外濃いピンク色で驚いた。

---

なんだか、可哀想になってきた。
つぼみのまま、咲くこともなく踏まれていくなんて。
踏まれないにしろ枯れていくなんて。

梅の花のことを思い出したのもあり、
思わず、この花も咲かせよう、そう決めた。

---

しかし、プールに行くわけで、私は入れ物も特に持っていなかった。
そのため、プールに行って帰って見てみたら、
完全にその桜の花は潰れていた。

つぼみもグシャっとなっているのが分かった。

---

ごめんなさい、ごめんなさい
出来もしないことを引き受けて
結局何もできやしなくて、お節介で

すごい自己嫌悪に陥りながら、
小さな入れ物に水をいれて、その上に桜の花を浮かべた。

桜の花は、元気無さそうに水の上にぷかぷかと浮かんでいた。

---

「水が多すぎてふやけて沈んじゃうんじゃないか」
「まぁいい、どうせ、潰される運命だったんだから」

最悪なことを考えながら、
そのまま見るのが怖くて、
放置して2日が経った。

---

恐る恐る見てみると

なんと、つぼみが全て花開いていた!
嬉しかった。
と同時に、昨日見てたら成長も楽しめたのにと悔やんだ。

そして、是非写真に取ろうと思って水から引き上げたところ
なんと花びらが4枚落ちてしまった。

---

花は 水さえ与えていれば

ひとりの力で 咲けるのに。

あれやこれやと こねくり回して

散らせてしまった。

---

このことが、

桜の花=私
私=親

という配役で、自分の中でしっくり来てしまった。

そう

あれやこれやとこねくり回した側は
良かれと思ってやったのであって
悪気はないのである。

---

悪気がなければ罪ではないのか?

自分が余計なことをしたということに気づかなければ、
あるいは気づかないふりをしていれば、逃げ得なのか?

---

世の中は不条理だ。
鈍感な人間の方が
他人を傷つけながら自分は楽に生きられる。

---

でも気づいてしまったからには、私は謝る。

あなたの咲く力を信じてあげられなくてごめんね。
逃げてごめんね。
もう逃げないからね。
咲いてくれて、ありがとう。
うれしい。

2013-02-10 015

電話カウンセリング(卵さんその2)

電話カウンセリング(卵さんその2)を受けた。

卵さんその1は明るくて元気をもらえる女性
卵さんその2は理知的で分析的で落ち着いた男性だ。
今日は後者。

---

■自分の意思の確認方法

私「他人に影響されやすすぎて、自分がどうしたいかワカラナイんです。」

カ「では、私が例えば旦那様とは離婚しなさいと言ったら、どう思われますか?」

私「そうしたほうがいいのかなと思ってしまう…。」

カ「かなと思ってしまうというのは、自分の意志と逆ということです。」

私「あ…。」

カ「自分の意志と同じならやっぱそうか!になります。」

私「あ…。」 

---メモ---

■先送り

・病的な先送りと正当な先送りの違い
 
 「向きあおうとする意識があるかないか」 

 今すぐできる状況にあるのにやらない=だめ

■先送りしないコツ

・1回でやろうとしない。
 「ここまでやる」という状態でもOK。

 →確かになんでも1回でやろうとして無理だーってなってた…

・「対応しない」という片づけ方もあり。
 「捨てる」

---

■親の指示に従ってきた人生で、何も積み上がってない無力感

・ほかの誰かが代わりにやってくれたわけじゃない
 成し遂げたのは自分、という意識。

■成し遂げた感をもつには

・最初に自分の意思があったかどうか
 ×正しいか正しくないか
 ○自分のこととして考えて何を選ぶか

・自分の意志の確認方法は前述の通り。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 共依存へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村   
ギャラリー
  • 「人間はだまし合わねば生きられませぬ」
  • 咲こうとする花の力
  • 私が生まれたとき記念植樹した梅の花