雨のち晴れ〜毒親→モラハラ→離婚→現在

刑事罰を受けて開き直るレベルの毒親の顔色を見ながら育った結果、20代半ばでモラハラ夫と結婚・離婚。不幸を生む人間関係を断舎離し、30代半ばで再婚した人のものの見方の変遷。

2012年12月

「デモデモダッテ」愚痴ばかりで何も行動しない人からストレスをもらわないためのコツ(3)「痛快な本」

 働こうとしない人たち - 拒絶性と自己愛性という本を読んでいて、
デモデモダッテ人種に大して痛快な 一節がありましたので紹介します。

デモデモダッテ人種は、

「自分が大変な思いをしている姿をわざと見せつける」ということを
一つのツールとして周囲を動かそうとする傾向

があるようです。

本当その通りです。

そして、周囲は

「あなた自身が選んでそうなったことであって、あなたにも自己責任があるのではないですか?」と思いながらも、「苦しんでいる」という状態はなかなか強力な武器で、そのような批判的なことを言えなくさせてしまいます。

だそうです。

そうなんです、「それってこうしたらいいのでは」「あなたが悪いのでは」って言いたいのに
言えない雰囲気を醸し出して、おもねてくるから腹立たしいのだと思います。

---

それでいて、自分にも(特にモラハラに悩んでいた時代)そういう傾向があるなと
思います。
なので、デモデモダッテ人種に対しては、
同族嫌悪みたいな感情を抱いてしまうんだと思います。

もう少し、回復したら
すなわち「同族」でなくなったら
「あっそう」って流せるようになると思います。

---

ちなみに余談ですが、知り合いのデモデモダッテさんは、
自分がいかにかわいそうか、周囲が悪いかを散々語り散らした挙句

「こういう悩みも30歳になったら平気になるって○○さんが言ってたから
 それを待つしか無い」

と言ってました。

その○○さんという発言者は、恐らく
「努力の年月を重ねて、結果30歳になる頃には平気になっている」
と言いたかったのではないかと推測しますが、伝わっていないようです(笑)。

何もしないのに、30歳になった瞬間劇的に何かが変わると信じて
デモデモダッテを言い続けるその姿は滑稽かつ哀れです。

「天は自らを助くる者を助く」という言葉が身にしみる今日この頃です。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 共依存へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村   

「デモデモダッテ」愚痴ばかりで何も行動しない人からストレスをもらわないためのコツ(2)「原因」

前回デモデモダッテはずるい、と述べました。

デモデモダッテに対しては、「ずるい」という感情とは別に、
なんかイラッと来るのも確かです。そこについて考えてみました。

デモデモダッテは、自分の幸せを捨てて他人の同情を引き出し
それをエネルギーにして生きています。

つまり、
自分の嫌な話を聞かせてきて、こちらのいい気分を奪う
居直り強盗なのです。

他人に愚痴をこぼしている時点で
その相手は嫌な気分になるのに、相手の気持を考えていません。 

そうなる原因は、
自分の幸せを捨てているので、
他人の幸せを簡単に踏みにじることに抵抗がない
(気づかない)
のだと思います。

そもそも、

また、自分が不幸になるのに慣れてるので、
他人が不幸になることも厭わない。
特に、「自分サイドの人間」と認定した人間(=家族、特になんてまさにそうな気がします)
に対してはその傾向が顕著な傾向があるように思います。

モラハラと構造がほとんど同じことに気づきます。

---

結論:

デモデモダッテは内心100%不幸。
自分の人生を差し出して、引き換えに同情を買う餓鬼。
だからこそ、周り(特に親しい相手)のこうむる迷惑を顧みない傾向がある
→そういう相手を嫌だと思うのは当然で自然。

人が不幸であることを確認してストレス解消するのは人としてどうなの?って思いますが
今の私にはこうやってバランスを取る方法しかありません…。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
似たようなテーマのブログが上記リンク先にあります!   

カウンセリング費用の捻出と愚痴吐きの一石二鳥

モラハラ被害に遭われている方は、
モラ夫が突然生活費の支払いを一切拒否するなどして、
生活に困ってしまう場合も少なくないと思います。(私もそうでした)

また、辛いのに誰も話を聞いてくれる人がおらず、
ストレスが溜まってしまうことも多いと思います。

この2つの悩みを一気に解消できる方法があります。

ランサーズというサイトなのですが、ここに登録して
依頼者の指定したお題で文章を書くと、その文章を依頼者が買い取ってくれます。
例えば、400字で150円など、条件は多数あります。

私はそこで、「結婚」というお題を探したり、
「テーマ自由」のところを探して、
がーーーーっとチラシの裏に書きたい話を大量に書きました。(今もやっています)

本当にお金が振り込まれるのかめちゃめちゃ不安でしたが、
ここ2ヶ月間、ちゃんと振り込まれていることを確認しました。
給与の振込は、振込依頼をした月の翌月に支払われるので
多少支払いまでに時間はあいてしまいますが、忘れた頃に振り込まれてちょっと得した気分になれます。

ちなみに私は、カウンセリングの費用を1ヶ月でペイしました。



「デモデモダッテ」愚痴ばかりで何も行動しない人からストレスをもらわないためのコツ(1)「ずるい」

我ながら最悪だな、性格悪いなって思いながら書きます。

デモデモダッテ人種はずるい、って思ってました。

なぜずるいと感じるかというと、
自分ではリスクを冒さないで愚痴を言ってるだけで
同情してもらえるからです。

しかも、私の母親の場合、あろうことかわが子を盾に使い、
自分が負うべき苦労を我が子にスライドして、 わが子からの同情を買うという最低な行動をとっていました。

しかし、昔見たサイト(URLやタイトル失念)にこう書いてありました。
「子に憎まれている親は幸せか?」

…幸せなはずないと思います。少なくともそれだけで十分不幸です。
どんなに赤の他人に同情されても、わが子から憎まれている時点で
絶対に不幸だと思います。

親のことを書かずにいられなくなって話がそれてしまいましたが、
親子という関係とか度外視して、デモデモダッテの一般論にうつります。

デモデモダッテさん達は、問題を解決しないで放置して愚痴を言っている、
つまり、問題が解決されていないわけです。
どんなに愚痴をこぼして
自分は悪くないと言ってみたり、相手のせいにしたりしてみたところで
いくら目を背けようとしても問題は解決されずにずっとそこにある
のです。
なので、幸せになりえないと思います。

そう考えると、デモデモダッテ人種は絶対に不幸なんです。
嫌いな人種が不幸だと分かって、少し安心してしまった自分がいました。
最も、哀れだとも思うのですが…

やっぱり、他人の評価をいくら集めても幸せになれないことを
証明した感じにもなりました。

だから、他人の目を気にするのはやめよう、と
自分に 何度も言い聞かせていますが、なかなか難しいです。

---

デモデモダッテ人種は、構造として
自分の幸せを投げ出して、その対価として同情を得ているわけですね。

ところで人からの同情って、そんなに大切なものだっけ?
そんなにずるいと思ってうらやましがるほど価値のあるものだったかしら?

同情を何人分積み重ねても、自分の人生と同じ価値にはならない気がします。 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
似たようなテーマのブログが上記リンク先にあります! 

夫の元彼女に対するモラハラ的行為~歴史は繰り返す

今日夫が前の彼女と別れた時の話をしていました。

夫が家庭問題で大変で徹夜した際、徹夜明けに彼女が
今日はサークルの先輩と飲みに行っていたと楽しそうに話してきて
「俺が大変なときにお前はそんな!」といってブチ切れたそうです。

どうせありえない剣幕とひどい言葉を用いて切れたのだろうと思いました。
 
窮地に陥った際に、無関係の相手を攻撃。
そして、「俺が困ったとき逃げる」と言う。
自分から攻撃しておいてよく言うよ(笑)

夫は「俺が常に完璧な判断してないと逃げていく」と言いますが
別に完璧である必要はないと思いますよ、八つ当たり攻撃してこなければ(笑)

八つ当たりについて、
完璧な判断で無い、 という自己評価をされていることは分かりましたが
対人関係においては、そんな生やさしいものではなく取りうる中で最低の行為、だと思います。

このように
自分の非(=責任ない相手への攻撃=八つ当たり)は棚に上げて
相手が薄情だ、相手が悪い大前提で語った挙句、
「お前もそういうところあった」と言ってきて、驚いてしまいました。

その元彼女との一件は、
今回の私との無視状態と全く同じ構造です。

・家庭問題で余裕がなくなって無関係の彼女を恫喝した
・会社のストレスで余裕がなくなって無関係の私を恫喝した

自分が悪くない前提で語ってますが、自分のとった行動
「無関係」な対象への「恫喝」に対してどうお考えなのでしょうか?(笑)
「同じ事を二度やる人間を馬鹿という」と完璧主義者の夫はよく言っていますが
自分はどうなの、と思いながら聞いていました。

そもそも、正しい判断が出来ない=無関係の人を恫喝
っていう行動が人間として異常なわけで、
そんなことをする人と別れるという判断をした彼女が間違ってるとは
私には思えません。
というか、夫の主張は客観的に見ておかしいと思いました。
相手に対し、自分が全く悪くないのに
攻撃されても受け入れろ、そうでなければ薄情だと言ってるほうが変ではないか
と私は思いました。

 あなたが攻撃さえしなきゃ良いだけじゃないですか。
 困っていて助けて欲しいなら、相応の態度ってもんがある。
 そういう態度を取らずに攻撃しといて、相手が悪いと開き直っている。

とりあえず、こういう語り方をするってことは、
自分が悪いと思ってない
もしくは、
悪いと思いすぎて自分の悪かった点を受け入れられない
のだと思いました。

---

結局、

自分を苦しめている問題(=家庭問題)と全く無関係な相手
理不尽な理由で恫喝したことへの問題意識があるのかないのか、

気になったものの、それ以上突っ込みませんでした。

なぜなら、夫が空腹状態だったからです。

夫は空腹時は不機嫌になります(笑)。

夫のことを、感情コントロールが出来る大人として応対するのをやめたら楽になりました。
動物として見ています。 

「お腹空いてるんだな」→議論は避ける
「眠いんだな」→議論は避ける

但し、避けっぱなしではいけません。
いつか話す、というのを絶対忘れないことです。 

このリスクを怠ると、よくいるタイプの
「夫が悪い(私は悪くない)」と愚痴を言うだけで何も改善しない人、
愚痴れば愚痴るほど己の問題解決能力の無さを露呈する(けど本人は無自覚)
デモデモダッテが完成します。 (自分の母親をイメージして書いています)

明日はデモデモダッテについて書こう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ 
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 共依存へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村     

ギャラリー
  • 「人間はだまし合わねば生きられませぬ」
  • 咲こうとする花の力
  • 私が生まれたとき記念植樹した梅の花